転載元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1485688121/
1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/01/29(日)20:08:41 ID:???
台湾の国連残留、最後まで尽力 中国の抱き込み工作も記録 ニクソン・ショックに揺れた佐藤栄作政権 楠田實・元首席秘書官の資料まとまる

 戦後最長の政権を築いた佐藤栄作元首相の首席秘書官を務めた楠田實氏が残した約9万2千ページの資料を、
神田外語大の和田純教授が13年かけて分析、分類し、「楠田實資料(佐藤栄作官邸文書)」として取りまとめた。
楠田氏は在任中から重要文書を集積しており、激動期の昭和政治史で7年8カ月の長期政権を実現した
要諦を解明する手がかりになりそうだ。

 「楠田資料」には、佐藤政権が取り組んだ最大の政治課題である沖縄返還交渉や、国連の中国代表権問題などで
決断を迫られる日本政府の動向に関する文書が未公開分を含めて多く収録されている。「極秘」扱いの文書のほか、
「未定稿」と書かれた検討段階の文書も含まれており、佐藤政権の政策決定過程もうかがえる。

 楠田氏は早大卒業後の昭和27年に産経新聞に入社。政治部次長を経て42年から佐藤元首相の首席秘書官を務めた。
佐藤政権実現に向けて生まれた政策集団「S(佐藤)オペレーション」の中心的役割を担い、長期政権を支えた。

続き 産経ニュース 全4ページ
http://www.sankei.com/politics/news/170128/plt1701280020-n1.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 64◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1485556821/81

2: ミリヲタ相模川右岸 2017/01/29(日)20:10:10 ID:v52
非核三原則でノーベル平和賞をもらった人

3: 名無しさん@おーぷん 2017/01/29(日)20:20:57 ID:A5C
台湾が親日的なのはこれも義理と感じてくれているからなのかな?。

4: 名無しさん@おーぷん 2017/01/29(日)20:58:32 ID:Ow2
>台湾の国連残留に最後まで尽力した佐藤政権に対し、日本国内では
>「バスに乗り遅れるな」の大合唱が政財官界を飲み込んだ。
>自民党親中国派からも日増しに圧力が強まった。同年9月に作成された
>取扱注意文書では「(中国が)招待外交等により日本の一部指導層を抱き込み、
>中共の主張を支持する勢力の拡大を図る」と分断工作があったことが記録されている。

抱き込まれた日本の一部指導層って、やっぱり田中角栄とかか。

8: 名無しさん@おーぷん 2017/01/29(日)21:33:04 ID:A5C
>>4
もしかして、ロッキード事件は、この件に絡む田中角栄に対する、報復だったのかな?。

5: 名無しさん@おーぷん 2017/01/29(日)21:08:07 ID:DSG
ニクソンショックか

6: 名無しさん@おーぷん 2017/01/29(日)21:08:16 ID:9wS
角栄だろうな。

9: 名無しさん@おーぷん 2017/01/29(日)22:41:36 ID:v3E
アメリカが当時いきなり中国と国交を結んだのはアメリカ
国内の事情によるもので、自国の利益のために台湾を見捨てた
ようなものだったんだよな。ニクソンの失政だった。

11: 名無しさん@おーぷん 2017/01/29(日)22:53:06 ID:uET
>>9
国内事情だったのか。
中ソの不仲につけこんで共産圏の離間工作を仕掛けたんだと思ってた。

13: 名無しさん@おーぷん 2017/01/29(日)23:07:01 ID:tTi
>>9の理由もあるのかもしれないが、
それなら日本が急いで国交正常化する説明がつかない
一般的には中ソ離間政策だ

15: 名無しさん@おーぷん 2017/01/29(日)23:16:52 ID:AK9
>>13
敗戦後も長く中国に引き止められて、スパイとしての教育受けさせられたひとたち大勢いたんじゃなかったけ?
帰国後は、それぞれ要職についた。
日中国交正常化は台湾を外させて、大陸を正当な中国として世界中に認知させたんじゃなかったかなあ

12: 名無しさん@おーぷん 2017/01/29(日)23:04:29 ID:BWN
バスに乗り遅れるな という言葉はこの頃からあったのか。
やはり急かされるような状況こそ慎重になるべきなんだな。

14: 名無しさん@おーぷん 2017/01/29(日)23:11:01 ID:KFn
急いで駆け込み乗車したバスの行き先が間違ってたなんてことよくあるよね