転載元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1480502961/
1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/11/30(水)19:49:21 ID:???
プーチン・安倍会談を前にした防衛計画の発表、これは偶然か?

プーチン大統領の訪日まで残すところ1ヶ月弱。この段になって両国とも互いにとって非常に気に障る知らせを発表している。
ロシアは南クリル諸島の2島への沿岸用ミサイル複合の「バスチオン」と「バル」の配備を明らかにし、
日本政府は「ジャパンニュース」紙の報道によれば、今年度予算中に米国の広域防空用ミサイル「パトリオット-3」
の購入のために追加予算を組むと断言した。共同通信も、防衛省は米MDの「戦域高高度防衛ミサイル(THAAD)」
の国内配備を検討する委員会を設置する計画だと報じている。12月、稲田防衛相はグアムでTHAADを自身の目で
視察しようとしていることはすでに知られており、この後詳細がつめられ、来夏までには最終的な決定がとられる。

続き Sputnik日本 (旧ロシアの声)
https://jp.sputniknews.com/opinion/201611303066081/


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 60◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1479722212/712

2: 名無しさん@おーぷん 2016/11/30(水)19:51:11 ID:I04
この疑問をスプトニクが発信している点が非常に興味深い

3: 名無しさん@おーぷん 2016/11/30(水)19:57:36 ID:RyD
>中国黒竜江省社会科学アカデミー北東アジア調査センターの?志?所長は次のような見解を表している。
>(中略)
>こうして朝鮮民主主義人民共和国からの核の脅威という前提のもとに日本はTHAADを配備し、
>軍備の刷新を図るのであれば、北東アジアの地政学的安定を脅かし、将来この地域での軍拡競争を
>煽動することになりかねない。

そういうテンプレートが用意されているのかと思うくらい、中共外交部と足並みを揃えた見解()だな。